少し前までまだ手術設備も十分に整っていなく、また手術の時に行われる全身麻酔による身体へのダメージがありました。
ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能で、今では多くの方が自分の理想を叶えているのです。
理想的な小顔を実現することが出来るかどうかは、実は顔の輪郭というのが大きな影響を与えることになります。
今では一般的に行われていますがこの顎の美容整形の歴史は古く、1970年代から日本では実施されています。

 

現在では、肝心のあごの整形手術に必ず必要となってくる骨きりの技術も飛躍的に向上しているので安心して受けられます。
あごの形やバランスをその結果、個々が望む理想を実現させることが出来るのです。



顎の整形術で理想的な形を作れるブログ:03-12-21

夕食後、数時間経って、
寝る前に体操するのは、シェイプアップには逆効果です。

もちろん、
体操することによってカロリーが消費されますから、
体操後何も食べないのであれば
理論上、痩せる可能性はあります。

しかし、これはそもそも、
「シェイプアップしなければならないほど太っている人が持つ食欲」
を無視したやり方です。

なぜなら、
寝る前に体操すると
交感神経が刺激されてしまい目が覚めてしまうことと、
体操による空腹感によって、
夜中に空腹を満たすため食べてしまうという
シェイプアップにとっては
最悪の事態を起こしてしまう可能性がかなりあります。

数日ならば寝る前に体操しても
何も食べずに過ごせるかもしれませんが、
そんな苦行のようなシェイプアップはいずれ破綻し、
ストレスによって暴飲暴食をしてしまう日がいつか来ます。

皆さんは、こんな経験がありませんか?
体操した後、寝ようとしても寝られず、
夜中に起きだして塩ラーメンを作ってしまったり、
コンビニにおかしを買いに行ったり…

シェイプアップ中は、
夜中に食べるのは厳禁だとわかっていても、
食べてしまう…そしてまた太る…

「寝る前に体操したら痩せる」という方法論に
食欲の概念が無視されているために起る悲劇ですね。

シェイプアップの基本が食欲の抑制であると考えるなら、
夕食をとってから数時間後、
寝る前の体操は行ってはいけないのです!

「寝る前に体操などせず、腹が減ってくる前に寝る」
これを心がけることが必要なんです。

この食欲を抑えるシェイプアップ方法を続けていると、
自然に早寝早起きになってきますよ。

このページの先頭へ戻る